メニュー

診療科の紹介

小児外科医療では消化器疾患をはじめ泌尿器、呼吸器領域と取り扱う臓器や疾患の種類が多彩で、多くの症例を経験することが重要課題です。当科では少人数体制で診療を行っておりますので、その分だけ手厚い指導ができます。さらには多くの臨床関連病院とも連携しており、それぞれの施設で豊富な経験ができます。

現在、診療担当医2名で業務を行っており、小児の消化器や泌尿器領域の主要疾患を中心に年間150件以上の手術を執刀しております。総合周産期母子医療センターを併設する病院として新生児手術も多く行っております。また、10施設以上の関連病院と協力体制を築いており、それぞれの施設をローテンションし、沢山の症例を経験できることが当科の魅力だと思っております。

「百聞は一見に如かず」と申します。小児外科に興味のお持ちの方、小児外科医療に携わりたいとお考えの方は、ぜひ一度見学にいらしてください。

 

img-1

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME